水彩画を始めよう!

ギャラリーに載せてある『ベル』は水彩画です。

私はアクリル画が中心ですが、どきどき描いています。

気軽に描けていいですよ。

水彩画やってみたいけど、習いに行くのはちょっと・・・。

でも、何を揃えたらいいの?

どこで買えばいいの?

と、思ってみえる方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、水彩画を始めるにあたって必要な物、その選び方について紹介します。

〈必要な物〉

・水彩絵の具

・水彩用の筆

・水彩紙or画用紙(厚口)

以上です。

説明する私

〈選び方〉

今回は、水彩絵の具の選び方についてお話しします。

水彩絵の具には、

・小学校などで使用している少し不透明感のある水彩絵の具

・専門家が使用している透明水彩絵の具(専門家用ウォーターカラーと

書かれた物)

があります。

 

どちらの絵の具でも水彩画は楽しめますが 、

重ね塗りなどのキレイな塗りを楽しむなら

少しお値段がしますが透明水彩絵の具をおすすめします。

 

透明水彩絵の具には、チューブタイプと固形タイプがあります。

チューブタイプは絵の具を全てパレットに絞り出して固めてから

使用しますが 、固形タイプはその手間はないのですが

私はチューブタイプを使っています。

固形タイプをパンとハーフパンと呼びますが、今はハーフパンが主流です。

どのメーカーにも、チューブタイプと固形タイプがあります。

 

また、セットでもバラでも購入できるますが、

セットには絵を描くのに必要な色が揃えてあるので

最初は18色セットぐらいがおすすめです。

 

私のおすすめの透明水彩絵の具は

・価格で選ぶなら→ホルベイン

・発色で選ぶなら→シュミンケ

*耐光性も見たほうが良い。

です。

 

ちなみに、私はお気に入りのメーカーのハーフパンを組み合わせて、

オリジナルの水彩セットも作っています。

 

購入は通販や東急ハンズなどでもできますが、画材屋さんをすすめます。

特に地元の画材屋さんは、いろいろなアドバイスがもらえていいですよ。

 

透明水彩絵の具は値段が高いイメージがありますますが、

1回の使用量が少ないので長く使えてお得です。

私の先生は

「50年前の物だけど・・・。」

と言って使ってみえました。(-_-;)

 

筆の選び方と水彩紙の水張りについては、後日のブログで・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください