水彩絵の具について-追記-

先日のブログで、透明水彩絵の具について

話しましたが、水彩絵の具には透明水彩の他に

不透明水彩絵の具(小学生の時使っていたものではありません)

があります。

 

今日は不透明水彩絵の具について、簡単にふれたいと・・・。

不透明水彩絵の具は、

・ガッシュと呼ばれている。

・重ね塗りをしても、ほとんど下の色が透けることはない。

・多少の厚塗りが可能で、

筆以外のペインティングナイフを用いての塗りもできる。

・透明水彩と比べ、荒々しい表現、重厚な表現ができる。

・にじみ、ぼかしはできるが、

乾燥が速いので透明水彩ほどボヤッとした感じになりにくい。

などの特徴があります。

注意することは、

厚塗りし過ぎるとひび割れ・

はくらくの可能性があるということです。

 

そこさえ気を付ければ、表現の幅がかなり広がるので、

面白い画材です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください