Makiko Kano Official site

ドキドキ・バクバク!

先日、豊田市民美術展の表彰式へ。

会場は市民文化会館の大会議室。

表彰式と言うことで、朝から緊張MAX。(*´∀`*)

ゆとりをもって家を出たはずなのに、

広い駐車場は満車。

さすがは車🚗の町と言いたいところだが、

気持ちは焦る。

10分程探して、何とか駐車(〃ω〃)

慌てて表彰式会場へ行くと、なんと指定席。

それも最前列。

焦る私

まさか、一番最初に名前を呼ばれるのではないかと

内心ドキドキ💓

周りをよく見ると、

どの部門も『市長賞』を受賞した方が最前列。

加えて、他の賞を受賞した方たちもみえるではないか!

確か、昨年は『市長賞』のみが表彰式で賞状を・・・。

他の賞は、搬出の時に賞状を手渡された記憶が。

少しホッとしていると表彰式が始まり、

最初に、今年から市長賞だけでなく、

他の賞の方にも表彰式で賞状を手渡すことにした詞の説明が・・・。

そして、賞状授与。

なんと一番最初に名前が呼ばれ、賞状を授与。

足はガクガク・ブルブル・・・。

表彰式後、作品の前で作者トーク。

前もって考えておいたことを話し、

その後、司会者から質問が・・・。

質問に答え、ホッとしていると

実行委員長が

「気づかなかった。」

と、一言。

視線誘導に欠かせない部分に気づかない人が

画家?

実行委員長をやっていることに、

怒れるやら、呆れるやら・・・。

自慢ではないが、

来場者に渡すパンフの審査員評に

「審査員全員一致で、市長賞に決定。」

と、書かれている作品。

その実行委員長の一言は、

市長や審査員の顔に泥を塗ったような感じが・・・。

 

更に、その実行委員長は

市民美術展初日に行われたギャラリートークでも、

他の賞の作品については多くを語り、

私の作品については、ほぼスルー状態だったとも聞いた。

『市長賞』をいただいた喜びも、

表彰式のドキドキ、バクバクも

怒り💢になってしまったかな・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください