コートールド美術館展を観にいってきました!

コートールド美術館展の招待券を

10月に個展を開く画廊『ガレリア・デ・アルテ』でいただいたので、

先日 愛知県美術館へ観にいってきました。

 

美術館へ行くと多く人が観にきていましたが、

ゆっくり観てきました。

 

展示室へ入ると、

中は薄暗く淡い光が作品に照らされていました。

作品への配慮かなぁと思いながら観賞を。

印象派の作家

クロード・モネ、

ファン・ゴッホ

ポール・セザンヌ

エドゥアール・マネ

ルノワール

ポール・ゴーガン

等の絵画や未完成作品

 

ロダン

エドガー・ドガ

等のブロンズ像

 

他に、画家がコートールドに宛てた手紙や領収証

等々が展示されていて

堪能してきました。

どの作品も、

同じ色でも画家独自の色で描かれ、

筆致も様々。

加えて、彩色で立体感や遠近感が表現されていて

とても勉強になりました。^_^

 

また、未完成作品も

1つの作品として展示されていたことに感動しました。

気づく私

おもしろかったのは、

浮世絵を彷彿とさせる絵画が展示されていたことと、

 

エドガー・ドガのブロンズ像で、

フィギュアスケートのビールマンを思い浮かぶ作品が

あったことです。

母は、

「ビールマンのポーズは、クラシックバレエを

参考にしたのかなぁ〜。」

と、つぶやいていました。

ついでに常設展も。

猫や花を単純化させて描いた熊谷守一の絵画が

中心に展示されていました。

猫の絵が多かったのは、

2月は猫の日あるからかなぁ〜と。

私の絵は抽象的ですが、

コートールド美術館展は

観に行きたいと思っていたので、

行けて良かったと・・・。

いろいろと勉強になりました。

              著 加納真規子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください